やまぐち耳鼻咽喉科

〒812-0013福岡市博多区博多駅東1-13-31 駅東サンシティビル3F
Tel.092-474-8189

やまぐち耳鼻咽喉科

MENU

溶連菌感染(子ども)

Medical

溶連菌感染(子ども)

溶連菌感染症ようれんきんかんせんしょう(子ども)

咽頭炎、高熱、リンパ節腫脹、頭痛のほかに、皮膚発疹やイチゴ舌(舌にツブツブができる)が出現することがあります。のどを綿棒でぬぐう検査で診断します。
抗菌剤を5~10日間内服(抗菌剤の種類で長さが変 わります)していただきます。

抗菌剤内服数日で解熱し、のどの痛みも消失することが多いのですが、症状が消失しても内服は続けてください。中途半端に内服すると細菌が復活して、リウマチ熱、腎炎などを引き起こすことがあるからです。このため、お薬は最期まで内服させることが大切です。

うがい、手洗いは大切で、マスクも効果的です。痛みがとれて熱がさがり、ある程度症状が落ち着くまでは登園や登校は避けたほうが良いです(周囲にうつることがあります)。溶連菌感染症はくり返すこともありますし、大人になってからもかかります。