やまぐち耳鼻咽喉科

〒812-0013福岡市博多区博多駅東1-13-31 駅東サンシティビル3F
Tel.092-474-8189

やまぐち耳鼻咽喉科

MENU

鼓膜切開について

Medical

鼓膜切開について

鼓膜切開こまくせっかいについて

どのようなときにするか

中耳炎が重症なとき、なかなか治らないとき、くり返すときなどに行うことがあります。

どのようなことをするか

鼓膜に 1~2 ㎜の小さな穴をあけます。その穴から細菌や貯留液を吸い出します。鼓膜は直径約 10 ㎜です。
小さいお子様の場合は保護者の方がお子様の体をしっかりと固定するご協力をお願い致します。

その効果

耳の痛みや発熱などの症状が早く改善する、再発しにくくなると言われています。(小児急性中耳炎診療ガイドラインより)

注意点は
  • ①痛み:むしろ切開前が痛い状態です。麻酔も行います(後述)。
  • ②鼓膜穿孔:通常は数日~1 週間くらいで閉鎖するのですがまれに切開した穴が閉じずに残ることがあります(特に何度も切開を受けると穴が閉じにくくなるとされています)。
  • ③出血:多少は出血します。非常にまれですが大きい血管が鼓膜の裏を通っていることがあり大出血することがあります。
痛みと麻酔

麻酔をして行いますので強い痛みはありませんが、ほんの少し痛いときもあります。

  • ①イオンフォレーゼ:ベッドに横になって耳の穴に麻酔液をいれます。麻酔液にひたるように小さな電極をおきます。微量な電流を流して15分位じっとしていると麻酔完了です。舌に違和感を感じることがあります。ほとんどは1~2 時間で消えます。ごくまれにめまいを生じます。ほとんどは 1~4 時間で消えます。ペースメーカーの方、不整脈がある方は行えません。
  • ②15分間くらいじっとしていることができない年齢のお子様の場合は小さな綿球に麻酔液をしみこませて、鼓膜の上において麻酔します。これもは20 分程度です。
切開後

切開翌日や膿が出ているときは受診してください。
お風呂は入って良いですが、水が直接耳の穴に入らないほうが良いです。切開しても抗菌剤の飲みくすりは大切です。